フレンズの理念

  • HOME
  • フレンズの理念

園長のごあいさつ

園長のごあいさつ

園長:Yukari Ambassah
立命館大学 文学部卒在学中、交換留学生として
アメリカワシントンDCに留学
外資系企業退職後
1999年4月子ども英語広場フレンズ開校
2001年9月有限会社フレンズ・インターナショナル設立
中学校、高等学校英語科教職免許
米国公認会計士試験合格

こんにちは。Friends International Preschool代表のアンバッサーゆかりです。
Friendsの原点は、一人の社長さんとの出会いから始まりました。
その方はインターンで大学生を受け入れた際、「大学生にいっても遅い!それに比べて子どもの吸収力・適応力はスゴイ!」という話をされました。
ご自身のお子さまがまだ幼稚園に通われていた頃です。

これからは、「幼児教育」が大事ですよという言葉に押されて、Friendsがスタートしました。

当時は週に1回50分のKidsクラスからスタートしましたが、この時間では自分がしたいことができない!とすぐに気付きました。
半年後Preschoolクラス開講、2003年に現校舎に移転の際にはKinderクラスを開講しました。

Kinderクラス一期生の子どもたちは今大学生になっています。
卒園後は、Kidsクラス、ALCクラスなどを通して英語を学びながら、能動的に学ぶ経験もしてきました。
彼らは英語でコミュニケーションがとれるだけでなく、自分の意見を臆することなく伝えることができます。
また、新しい環境に適応する能力が高いのも特徴です。

日本人が10年間も学んでも使いこなせない英語、やはり吸収力の高い幼児期から自然な形で触れていくのが一番効果的なのではないでしょうか?
でも、どうせ学ぶなら、楽しいだけじゃなく、しっかりレベルアップしていくことも大切です。
継続的なトレーニングでスキルをどんどんアップしていく講師陣が、子どもたちの英語コミュニケーション力アップをお手伝いします。
英語を学ぶ過程で、子どもたちは貴重な経験をしていきます。
是非、あなたのお子さんも私たちと一緒に英語を通して、成長していきませんか?

教育理念


 
自分で考え、自分で行動できる人
People who can think and act independently

子どもたちが成長したとき、社会で必要とされる人材とはどんな人でしょうか?
どんな職業に就くにしても、またどんな活動をするにしても、一番大切なのは自分から能動的に考え、動ける人だと思います。
Friends International Preschoolでは、これを最優先理念に掲げています。


 
個性を大切にする人
People who respect the uniqueness of others

子どもたちは一人ひとり個性をもっています。
ところが、年齢があがり、小学校・中学校へと進むにつれて、みんなと一緒じゃないといけないように感じ始めます。
「あなた」と「私」は違って当然なのです。
違うところを尊重して、お互いの個性を大切にすることは、とても重要なことだと考えています。


 
強く逞しく生きてゆく人
People who can overcome challenges

人が一生生きていく間には、様々な出来事があります。
もちろん楽しいこと、嬉しいことばかりではなく、困難な壁にぶつかったり、悲しい出来事にも遭遇します。
それらのチャレンジは、私たちが成長するためにやってくるのです。
どんな困難にもめげず生きてゆける強さ、逞しさを身につけてほしいと願っています。


 
素直な人
People who are open to others’ opinions

素直であることは、人が成長していく上で大切な要素のひとつだと考えています。
英語を使って様々な国の人々と話すと、必ず価値観や考え方の違いに出くわします。
自分の意見をもち、それを伝えることはもちろん大切ですが、人の意見に耳を傾ける素直さも必要です。


 
恵まれた環境に感謝する人
People who appreciate their circumstances

世界には今この瞬間にも困難な環境で生きているたくさんの人々がいます。
充分な食料がない人、水を遠くまで汲みに行かなければいけない人、学校にも行けない人、学校に行くのに何十kmも歩いていく人、日本では想像もできない暮らしをしている人々がたくさんいらっしゃいます。
私たちは、自分の育っている環境に感謝し、自分にできることを精一杯やっていくことが、大切だと思います。

カリキュラム設計方針

テキストは使いません

テキストは使いません

多くのクラスでは、テキストを使わずActivityを通して英語を学んでいきます。
まず英語を好きになること、自分のまわりにある物事を英語で伝えること、そのような視点からオーストラリアの移民の子どもたちが通う Language Center で行われているカリキュラムをアレンジして独自のものを作成しています。

目的は自分の伝えたいことを伝えること

目的は自分の伝えたいことを伝えること

ひとつひとつのレッスンの目的はテーマに関係するボキャブラリーや表現を覚えることなど様々ですが、それが将来どうつながっていくかを意識していくことが大切です。
ことばを学習する本来の目的は【自分の伝えたいこと】を伝えることなのですから、それぞれの段階で伝えられる環境を作る必要があります。
その積み重ねがあってはじめて、自分の意見を自由に表現できるようになるのです。

読む・書く・聴く・話すをバランスよく伸ばしていくこと

読む・書く・聴く・話すをバランスよく伸ばしていくこと

英会話の「聴く」「話す」にポイントが置かれがちですが、ことばは 「読む」「書く」「聴く」「話す」の4つの構成要素からできています。
私たちのレッスンは「聴く」「話す」ことからスタートしますが、文字やフォニックス、本読み、スペルなども徐々に導入していき、英語力をバランスよく伸ばしていくことを目指しています。
将来使える英語力を目指して、Kinder卒園生は小学校卒業までに英検2級~準1級程度を、一般生も小学校卒業時には3級~準2級程度の英語力を目指しています。

教室紹介

瀬田校077-543-9700

守山校077-535-0389

宇治校0774-66-1902